オープンになってきているオフィスレイアウト

昔のオフィスレイアウトといえば、各部署ごとに部屋を与えられて、ほかの部署からは区切られていたので、部署内の打ち合わせ等はその場で直ぐにできる環境にあったのです。

部署内の内緒話をできたりと限られた空間の中で部署だけにフォーカスを当てたオフィスレイアウトになっていたのです。

それぞれの部署の企業内での立場を主張して、何かを決定するにしても、部署間の対立等もあり、なかなかスムーズに物事を決めることができずに、企業の判断スピードも今と比較すると遅いものだったのです。


しかし最近では部署間ことコミュニケーションも必要になり壁を取っ払って、オープンスペースにしている企業が多くなっています。それぞれの社員が部署に所属して部署の活性化、効率化などに取り組むと同時に、会社全体を常に考えて動くことにもフォーカスを当てているために、何かをするときにはほかの部署を巻き込んでおこなうことが多くなっています。

オフィスレイアウト情報を楽しくお得に利用しましょう。

ほかの部署の協力を得るためにその部署の意見や考え方も考慮して、それでいて企業として全社的な視野からの検討をおこなえる環境になっています。

NAVERまとめの正しい情報はこちらです。

そのためにもほかの部署とのコミュニケーションを良くとったり、また何かあるとすぐに相談できたり、部署の忙しさ等の状況も理解できるオープンなオフィスレイアウトは現在の企業環境にあっているレイアウトになっています。



また、中には役員などもガラス張りの部屋にして外から見える状況にしている企業もあって、仕事する上での垣根を下げている企業が多くなっています。